出雲エコなび あなたのエコアクションをナビゲート

温暖化対策

気候変動の伝え手、「IPCCリポートコミュニケーター」募集!

2016年02月02日

2446IPCCリポートコミュニケーターとは

IPCCリポートコミュニケーターとは、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」(※1)により作成された「第5次評価報告書(AR5)」(※2)の内容を広く伝えていく「伝え手」として活動する人々です。
「AR5」は、最新の科学的知見に基づいた信頼性の高い気候変動(地球温暖化)に関する情報を提供しています。
コミュニケーターはAR5を基に作られたプログラムを使用し、それぞれの専門分野に関連のある最新の気候変動の情報を判りやすく伝える活動を行っています。
コミュニケーターの活動は、広く一般国民に、積極的な気候変動対策への取組の機運を醸成し、個人の行動変容につなげることを目的としています。

活動内容

IPCCリポートコミュニケーターの活動は、原則として登録者ご自身が持つ「伝える場」を利用した活動となります。
また、ウェブ上でセミナー等へのコミュニケーター派遣の募集を行っており、依頼があった場合は事務局よりご紹介をさせていただきます。

登録の要件

必須要件

・18歳以上であること
・気候変動に対し高い関心を持っていること

努力要件

以下の素養を備えていることにより、円滑な活動が可能となることから、現在これらの要件を備えていない場合も、養成セミナーや自己学習により、これらの要件を満たすべく努力してください。

・気候変動に対する基礎知識のある者、もしくはウェブ登録システムのE-ラーニングを通じAR5に対する一定の知識を習得した者。
・普段から多くの人々に接触し、情報を伝達する場を持つ者、もしくは今後自ら行動し、伝達する場を持つ意思のある者。
・ウェブ登録システム、コミュニケーター養成セミナーを通じ、本プロジェクトが作成したオリジナルツールに採用されている気候変動に関する知見への理解と、ツールの使い方を習得した者。
・インターネット及びパソコン操作(特にパワーポイント)に関する一般的な知識を有する者。

登録方法

具体的な登録方法は、以下のサイトをご覧ください。
IPCCリポート コミュニケーター登録申請のページ(環境省)

語句解説(出典:JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センターHP)

※1 気候変動に関する政府間パネル(IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change)

人為起源による気候変化、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的として、1988 年に国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)により設立された組織です。
各国政府を通じて推薦された科学者が参加し、5~6年ごとにその間の気候変動に関する科学研究から得られた最新の知見を評価し、評価報告書(assessment report)にまとめて公表します。

※2 評価報告書

世界の科学者が発表する論文や観測・予測データから、政府の推薦などで選ばれた専門家がまとめます。科学的な分析のほか、社会経済への影響、気候変動を抑える対策なども盛り込まれます。国際的な対策に科学的根拠を与える重みのある文書となるため、報告書は国際交渉に強い影響力を持ちます。
<これまでの報告書>
第1次報告書(1990年)First Assessment Report 1990 (FAR)
第2次報告書(1995年)Second Assessment Report: Climate Change 1995 (SAR)
第3次報告書(2001年)Third Assessment Report: Climate Change 2001 (TAR)
第4次報告書(2007年)Forth Assessment Report: Climate Change 2007 (AR4)
第5次報告書(2013年)Fifth Assessment Report: Climate Change 2013 (AR5)

お問い合わせ(外部リンク)

環境省Fan to Share特設サイト内 お問い合わせページ

 


一覧へ戻る

イベントカレンダー

2018年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930