出雲エコなび あなたのエコアクションをナビゲート

平成の名水百選

 

 

 

浜山湧水群水汲み場の水質検査を実施しています。

検査結果は水質基準に適合しておりますが、念のため飲用の際は一度煮沸されるようにお願いいたします。

ダウンロード

水質検査結果6月(PDF文書6.20)

関連情報

ご利用ください!平成の名水百選「浜山湧水群」活用施設

子ども探検クルーズ

船にのって、ラムサール条約湿地に登録された中海・宍道湖の風景や水鳥を観察しよう!!
先生が、湖の自然や水質について、分かりやすく教えてくれるよ。

ラムサール条約とは??

1971年に、イランのラムサールという町で、渡り鳥をはじめとしたいろいろな生き物がすむことができる湿地を守るための国際条約が結ばれました。これにちなんで、ラムサール条約と呼ばれています。
中海と宍道湖は、平成17年11月にラムサール条約湿地に登録されました。湿地を守るには、湿地のことを学び、伝えていくことが大切です。
平成27年11月8日には登録から10年を迎えました。

コース(行き先)|開催日|集合場所

中海コース |7月30日(月)|安来港(安来市安来町)
宍道湖コース|8月 1日(水)|宍道湖観光遊覧船乗場(松江市東朝日町)
※いずれのコースも、集合9時15分、出港9時30分、帰港11時30分です。

対象

小学4年生以上の児童(保護者で希望される場合は、同乗することができます。)

募集人数

各コース40名(応募者多数の場合は、抽選により決定します。)

参加費

無料

申込方法

申込書(PDF)をダウンロードのうえ、必要事項を記入し、メール、FAX、または持参にてお申し込みください。
(複数開催日の申込もできます。その場合は希望する順番を記入してください。)

申込期限

平成30年7月18日(水)必着

参加決定

参加の可否等については、7月25日(水)までに郵送にて通知します。

その他

当日、悪天候の場合は中止することがあります。予備日はありません。

申込み・問い合わせ先

中海・宍道湖・大山圏域市長会事務局
TEL:0852-55-5056
FAX:0852-55-5058
E-mail:dandan-summit@city.matsue.lg.jp
または、出雲市環境政策課へ

 

出雲市では、市内の河川の水質検査を行っています。

平成29年度の水質検査状況は次のとおりです。

河川水質検査結果(H29)

平成25年度~28年度の水質検査結果は次のとおりです。

河川水質検査結果(H28)
河川水質検査結果(H27)
河川水質検査結果(H26)
河川水質検査結果(H25)

外部リンク

島根県(公共用水域・地下水水質調査)

環境省(生活環境の保全に関する環境基準)

平成29年12月3日(日)に浜山を守る会と井上恵助翁奉賛会との主催で、県立浜山公園を会場に「平成29年度浜山黒松育成祭」が開催されました。

育成祭は、浜山の松林の保全と再生のため、地域の皆さんが、自生松の間伐作業やコデ(松の落ち葉)掻き作業を行うものです。当日は、地域の皆さんや、小中学生を中心に約300人の方々が、浜山公園内の落ち葉や枝の回収作業に当たりました。

浜山の松林を保全することで、浜山湧水群の保全にも役立っています。

開会式の様子

コデ掻き作業の様子

落ち葉や枝の搬出作業の様子

回収した落ち葉や枝

 

 

 

 

環境省では、住みよいかおり環境を創出しようとする地域の取組を支援するため、かおりの樹木・草花を用いた、街区・近郊地区等の「みどり香るまちづくり」を演出する企画を募集しています。

応募要件

(1)かおりの樹木・草花等(原則として総計30本以上)を植える企画であること
(2)今後実施を想定しており、植栽場所を確保している企画であること(既に実施している事業については、植え替えや拡大などを想定している事業であること。)

応募主体

地方公共団体、民間企業、学校法人、商店会、町内会等の住民団体やNPO等の各種団体、個人など

募集期間

平成30年5月14日から平成30年9月14日まで

各賞及び副賞について

(1)環境大臣賞(1点)
副賞:企画に応じたかおりの樹木等を原則としてすべて提供(50~100万円相当)
(2)協会賞(3点)(におい・かおり環境協会賞、日本アロマ環境協会賞、日本植木協会賞)
副賞:企画に応じたかおりの樹木等の一部を提供(30~50万円相当)
(3)入賞(5点)
副賞:企画に応じたかおりの樹木等の一部を提供(10~30万円相当)                                            (4)奨励賞(数点)

その他

(1)「企画のテーマ・ねらい」、「アピールポイント」が本コンテストのねらいに合致しているか、また「実行可能性」、「維持管理体制」、「一般の人への公開状況」などの観点から総合的に評価します。
(2)「みどり香るまちづくり企画コンテスト」のURL(環境省ホームページ)                                                      応募の流れ、過去の受賞企画に関すること                                      http://www.env.go.jp/air/akushu/midori_machi/index.html

応募要項、応募用紙に関すること                                     http://www.env.go.jp/air/akushu/midori_machi/index.html

神戸市内ほかにおいて、特定外来生物「ヒアリ」等が発見されたことを受け、市内でも数件の問い合わせが寄せられていますが、判定の結果すべて在来種でした。現在までのところ、市内、県内においてヒアリ等が発見された例はありません。

ヒアリなど特定外来生物と疑われる個体の発見があった場合には種の判定を速やかに行い、ヒアリと判定された場合は、必要な防除や周辺への注意喚起を行う必要があります。
ヒアリと疑われるアリを発見されたら、市内各施設においては施設管理者へ、一般家庭においては市環境政策課へご連絡ください。

【問い合わせ】環境政策課(0853-21-6989)

環境省のホームページでも情報提供をしています。

環境省ホームページ「ヒアリに関する諸情報について」(外部サイト)

ヒアリの特徴
・赤茶色の小型のアリで体長は2.5mmから6mmと大きさにバラつきがある
・腹部は濃く黒っぽい赤色
・土でアリ塚を作って住む
・猛毒の針を持ち、刺されると火傷のような激しい痛み。
・原産地は南米だが、北米、中国等に分布している。

ヒアリを見つけたら
・ヒアリと疑われるアリを見つけた場合、アリを踏もうとしたり、巣を壊したりなど刺激しない
ように気を付けてください。
・駆除する場合は、素手で触らず、肌の露出が少ない服装で、殺虫剤(一般家庭用)などで
駆除してください。
・施設管理者か市環境政策課に相談してください。
・その際は、写真を撮った上でご相談いただけるとスムーズです。

ヒアリに刺されたら
・刺されると、非常に激しい痛みを覚え、水ぶくれした後、膿が出ます。
・まずは安静(20分から30分程度)にし、容体が急激に変化することがあれば、最寄りの医療機関を
受診してください。
・受診の際は、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応であること)
の可能性があること」を伝えてください。

 

出雲市では、市内の自然環境の状況を把握し、各種の施策に活用するため、野生生物を対象とした調査を実施しています。
平成29年度は、平田地域以外の市内各地域のため池に生息する水生動物と水生植物の調査を行いましたので、その成果の概要を紹介します。
なお、詳しくは次のPDFデータをダウンロードしてご覧ください。

H29自然環境調査の概要(PDF)

ダウンロード(自然環境調査の概要)

本調査の結果を簡単にまとめたものです。

 

ダウンロード(生きもの図鑑)

本調査で確認された生きものを図鑑として掲載したもので、市内小学校・中学校に配付しています。
環境学習、生きもの調べ学習などにご活用ください。

「猫に庭を荒らされた」「鳴き声がうるさい」「庭にふんや尿をされた」など、猫に関する苦情がたびたび寄せられています。
これらの苦情のほとんどは、飼い主の方が飼い方に気をつけていただければ改善できるものです。
人と猫が共に幸せに暮らすために、ご近所に迷惑がかからないよう責任をもって飼いましょう。

猫は屋内で飼いましょう

◆猫を屋外で飼うことは、ご近所への迷惑になるだけではなく、交通事故や病気への感染など、猫自身の危険も多くなります。猫の健康と安全のためにも、屋内で飼うように努めましょう。
◆特に、子猫の時から屋内だけで飼い、不妊または去勢手術をし、トイレなどをおぼえさせれば、屋内飼育は容易に定着するといわれています。
◆猫の感染症にはワクチンがないものもあり、屋外飼育の猫はその感染率が高いといわれています。

屋内で猫を飼うときの留意点

◆プライベートな縄張りとして、最低限必要な空間の提供                                                                     隠れ場所、食事の場所、トイレの場所、見張り台、遊び場所、休息場所など
◆しつけと管理                                                                                              定位置での排せつと食事、トイレ砂の管理や清掃、決まった場所での爪とぎ、抜け毛の管理など
◆問題行動の軽減                                                                                          オス猫の尿スプレー、発情期の鳴き声、性衝動ストレス等は不妊去勢手術をすることにより軽減
◆ストレスの解消                                                                                             高いところなどで立体的な運動ができること、おもちゃで遊ばせることなど
◆その他                                                                                                     感染症予防ワクチンの接種、高層住宅棟での転落防止、外へ出てしまい迷子になった時のために名札やマイクロチップなどで飼い主がだれかわかるようにしておく

不妊・去勢手術をしましょう

◆猫は出産回数が年3回で、1回に生まれる子猫は平均5匹です。生まれても飼えないときは、繁殖制限をしましょう。

不妊・去勢手術のメリット

◆メス・オスともに                                                                                           生殖器の病気を防ぐ、性格がおだやかになる、屋内飼育が容易、長生きできる
◆メス                                                                                                   妊娠・出産に伴う健康上のリスクの回避、発情によりオスがたくさん集まることを回避
◆オス                                                                                                         尿スプレー(おしっこをかける行動)、けんか、うなり声がかなりの確率で減少する

野良猫への無責任なえさやりはやめましょう

◆かわいそうな野良猫にえさを与えたい気持ちは、人間として大切なことだと思います。しかし、えさをやることにより猫の数が増え、ところかまわずふんをしたり、鳴き声、庭やごみを荒らすことなどでご近所の方に迷惑がかかります。
◆えさを与えるのであれば、飼い猫として責任をもって迎え入れ、マナーを守り屋内飼育に努めましょう。

猫を捨てないで

◆「誰かが拾ってくれるだろう」と、安易な気持ちで猫を捨てないでください。
◆捨てられた猫は、飢えや病気、交通事故などで不幸な死を迎えるか、野良猫になってみんなに迷惑をかけることになります。(動物を捨てる行為は、動物愛護法違反です。違反した場合は、100万円以下の罰金となります。
◆生まれた子猫が飼えない場合は、責任をもって新しい飼い主を探してください。
◆飼い始めたら、最後まで責任と愛情をもって飼ってください。

これから猫を飼いたい方へ

猫は10年以上生きます。飼う前に次のことを確認してみてください。

  1. 1.猫の生態・習性・病気などの必要な知識がありますか?
  2. 2.毎日の世話ができますか?
  3. 3.最後まで飼うことができますか?
  4. 4.旅行や外出が制限されることを覚悟できますか?
  5. 5.予防接種、病気の時の治療費などの経費は大丈夫ですか?
  6. 6.繁殖を望まないときには、不妊去勢手術を受けさせることができますか?
  7. 7.飼うことについて、家族全員が納得していますか?
  8. 8.ご近所に迷惑がかからないように飼えますか?
  9. 9.自分や家族が病気になったときのことは考えていますか?
  10. 10.猫が病気になったり老齢になったとき、介護をすることができますか?

 

人と猫が快適に暮らすために

◆社会的集団を構成する犬と違って、祖先が単独生活をしていた猫をしつけることは、大変難しいと言われています。
◆人が猫の習性や生態などをよく理解し、うまく猫に合わせていくことが、猫との快適な生活を送るためのコツです。
◆現在は、本やインターネットなどに参考となる情報がたくさんあります。それらの情報を活用し、いろいろな角度から猫のことを学んでみましょう。

リンク

環境省 動物の愛護と適切な管理ホームページ

島根県 動物愛護ホームページ

~このページのお問い合わせ先~
環境政策課
電話:0853-21-6535

特定工場等の騒音規制区域

特定工場等の振動規制区域

特定建設作業騒音・振動規制区域

騒音に係る環境基準類型指定地域

平成28年12月4日(日)に浜山を守る会と井上恵助翁奉賛会との主催で、県立浜山公園を会場に「平成28年度浜山黒松育成祭」が開催されました。

育成祭は、浜山の松林の保全と再生のため、地域の皆さんが、自生松の間伐作業やコデ(松の落ち葉)掻き作業を行うものです。 当日は、地域の皆さんや小中学生を中心に約200人の方々が、浜山公園内の落ち葉や枝の回収作業に当たりました。

浜山の松林を保全することで、浜山湧水群の保全にも役立っています。

【育成祭の開会式の様子】

【コデ掻き作業の様子】

 

 

 

 

 

 

【回収した落ち葉や枝】

イベントカレンダー

2018年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC